前へ
次へ

税理士事務所の求人募集での優遇者について

税理士は税法の専門家として、「税務代理行為」、「税務書類の作成」、「税務相談」などの業務を行っています。税理士になるには税理士試験に合格する必要があります。試験合格には、会計科目2科目と税法科目3科目の合計5科目に合格する必要があります。試験は科目合格制度を採用しているため、一部科目の合格者は税理士事務所の求人募集においても優遇される場合があります。特に、3科目合格者や簿記論や法人税法などの合格者については、即戦力として高い評価を受けていますので、事務所への就職の際には大変有利です。また、5科目合格後、「お礼奉公」を一定期間行った場合には、顧問先の一部の譲渡を受けて独立できる場合もあります。一般企業へ就職する際にも、簿記論、財務諸表論、法人税法や消費税法などの試験科目合格者については、大変有利になります。

Page Top