前へ
次へ

司法試験を受けるには

弁護士の資格を取るには司法試験に降格しなければなりません。司法試験の受験資格を得るには膨大な量の勉強と時間、そしてお金が必要です。流れとしては、まず大学を卒業し学士を得ます。その後、法科大学院へ進学する必要があるのですが、これがかなり大変です。法科大学院への入学は非常に難関で、専門の予備校へ通う人もいます。法科大学院は一般的には3年間です。一定の単位を取得しなけらばなりません。また、その後に待ち受けている司法試験の試験勉強も同時にしなければならないので非常に膨大な量の勉強が必要になります。アルバイトをしながらといったことは不可能に近いので、あらかじめお金を用意することも大切です。大学院で単位を取得すると法務博士号を取得できます。これで司法試験の受験資格を得たことになるのです。

Page Top