前へ
次へ

司法試験合格のために必要な勉強時間

弁護士への登竜門である司法試験の合格者の平均年齢は例年28歳という結果になっています。予備試験の合格者が増え、大学在学中に合格する人が増えてきましたが、通常は大学卒業後2年ないし3年間法科大学院で勉強して、司法試験を受験するため、このような結果になります。多くの合格者は大学4年間に加えて、2年間、3年間勉強します。法科大学院では1日10時間の勉強時間が推奨されていますので、大学での勉強時間に加えて、2(年)×365(日)×10(時間)=7300時間、あるいは、10950時間の勉強が必要ということになります。もっとも、法科大学院では正課の課題もこなさなければならないため、この勉強時間がすべて司法試験に向けられたものとは限りません。

Page Top